ペットショップ経営について

ペットショップ経営には、犬やネコ、ハムスターなどのペット、 ペットフード・首輪などのペットグッズを販売するショップ、動物病院付きのペットショップ、 インターネットでのペットショップ、ペットホテルなどいろいろなスタイルのペットショップがあります。 最近では、いなくなってしまったペットを探すペット探偵、しつけがされたペットを貸すペット・レンタル、 ペット専用のお墓であるペット霊園などのビジネスも出てきました。 一般的なペットショップ経営は、ペットをはじめ、ペットフード、ペットのおやつ、健康食品、遊びグッズ、 ペットの洋服、首輪、水槽などを販売しています。

ペットショップ経営をするには

ペットショップを経営するには、必ずしも資格は必要ありませんが、 ペット関連の資格は持っていたほうがいいでしょう。 トリマーなどの資格取得者が、ペットショップを経営することもあります。 ペットは生き物なので、健康管理に注意し、病気にならないよう注意して 獣医師とつねに連携しておくことが必須です。 また、ペットショップを新たに作るときには、場所探しや、敷金・礼金、内装・外装の費用、 備品の購入費がたくさん出るため、資金が充分にあることが必要です。 ペットショップ内は、つねに清潔で明るくするよう心がけましょう。

ペットショップ経営に向いている人

動物が好きであること。金銭管理ができる人。 ペットの健康に気を使った商品の品ぞろえ、ペットの流行についてキャッチできる人が 向いているでしょう。他店にはないサービスや商品をとりそろえて、 差別化をはかる演出が必要な場合もあります。

がくぶんの動物系の通信講座。無料資料請求できます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

動物介護士(ペットケア)

ペット服を作る

ヒーリング&ストレス解消講座

Copyright (C) 2007 動物の資格と仕事ガイド. All Rights Reserved.