ペットシッターとは

ペットシッターは、飼い主が旅行に行ったり、病気やケガなどといった、なんらかの理由でペットの世話をすることができない場合、 飼い主の自宅などペットが住み慣れた場所で、ペットを世話する仕事です。 ペットホテルで預かるのとはちがい、ペットにストレスをあまり与えないのが特徴です。 飼い主からペットシッターへ依頼があると、ペットの食事やしつけ、ペットの性格、散歩コースなどを 事前に打ち合わせを行い、ペットシッター料金の見積もりをして契約します。

ペットシッターになるには

ペットシッターを募集している求人に応募します。 ペットシッターになるための公的資格はないのですが、動物取扱責任者としての資格 「愛玩動物飼養管理士」や「家庭動物販売士」、などといった資格があります。 資格取得には、通信講座や通学スクールなどがあるので、自分に合ったものを見つけると 良いでしょう。 資格を持っていなくても、ペットシッターの企業が行なっている養成研修などを受けて ペットシッターになることもできます。

ペットシッターに向いている人

動物が好きで、責任感が強い人が向いているでしょう。 ペットだけでなく、飼い主とのコミュニケーション能力も必要です。 動物に関する飼育、医学、行動にかんする知識、動物の種類によっての特徴など ペットシッターとして必要になる知識を常におぼえていくことも大切です。

ペットシッターの資格データ

公的な資格はありません。 持っていると役立つ資格には、「愛玩動物飼養管理士」「家庭動物販売士」 「トリマー」「動物看護師」などがあります。

がくぶんの動物系の通信講座。無料資料請求できます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

動物介護士(ペットケア)

ペット服を作る

ヒーリング&ストレス解消講座

Copyright (C) 2007 動物の資格と仕事ガイド. All Rights Reserved.