獣医師とは

獣医師は、あらゆる動物やペットのお医者さんです。動物病院で働く獣医師は、ペットへの予防注射や 診察・治療・手術などを行い、ペットの飼い主にペットの健康面についての指導を行ないます。 家畜分野のほうで仕事をしている獣医師は、家畜の病気予防のために診断や治療を行ったり、家畜を増やすための人工授精や 出産にも立ち合います。また、希少動物の保護にかかわったり、医療分野での医薬品の開発、企業でのペット商品の開発、 実験動物の管理なども獣医師の仕事になります。

獣医師になるには

獣医師になるには、獣医師国家試験に合格し、農林水産大臣から免許を受けることが必要です。 獣医師国家試験の受験資格は、獣医師過程のある大学を卒業しなければなりません。 就職率は100%と言われてますが、競争率の高い仕事です。

獣医師に向いている人

動物が大好きということは言うまでもないでしょう。 また、動物を診るための体力や忍耐力が必要です。 つねに研究熱心で、動物のことに興味をもち、観察力や知識を養っていくことが大事です。

獣医師の資格データ

分類国家資格
合格率約80%
受験資格獣医師過程のある大学を卒業した者。外国にある獣医学校の
卒業した者で、(1)と同等の以上の学力と技能を有すると認定された者など。
試験内容学説試験A
獣医療の基本的事項、獣医学の基本的事項…100問
学説試験B
衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項…80問
試験日3月上旬
合格発表日3月下旬
試験地官報において公示。(10〜11月ごろ)北海道、東京、福岡。
受験料13,900円
お問い合わせ農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課獣医事班
 03-3502-8111(内線3215)

がくぶんの動物系の通信講座。無料資料請求できます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

動物介護士(ペットケア)

ペット服を作る

ヒーリング&ストレス解消講座

Copyright (C) 2007 動物の資格と仕事ガイド. All Rights Reserved.