ブリーダーとは

ブリーダーは、ペットショップに販売されている犬やネコの繁殖を行なう仕事をします。健康で販売に適したペット に育てていくためには、病気の予防注射や基本的なしつけ、適度な運動などの世話がかかせません。 ペットショップ以外でのブリーダーは、競馬馬を育てるブリーダー、産業動物の繁殖を行なうブリーダーがいます。 ペットを買ってくれた飼い主に対しての、ペットの育て方の説明、生命保証の文書を渡すなども 大切な仕事です。

ブリーダーになるには

ブリーダーになるには、とくに資格は必要ありません。ですが、「ペット販売士」 「アニマルブリーダー」「愛玩動物飼養管理士」などといった民間資格を取得すると いろいろな知識が身につき役立ちます。 自宅個人でペットを繁殖させ、販売したい場合は、「動物の愛護及び管理に関する法律」第2章の 第3節「動物取扱業の規制」にもとづいて、動物取扱業の届出が義務づけられています。 都道府県によって、動物取扱主任者の資格を求められたり、 提出する書類がやや変わることがありますので、各都道府県にある保健所に事前に確認しましょう。

ブリーダーに向いている人

ブリーダーは動物が好きで、世話好きな人が向いています。動物の健康状態をちゃんと観察して把握できることが大切。 販売業者との取り引きも行なう場合もあり、交渉力も必要になるでしょう。 販売したあとも、トラブルやクレームが起こらないように、アフターフォローをする誠意も大事です。

ブリーダーの資格データ

必須の資格はありません。 持っていると役立つ資格については、「ペット販売士」「アニマルブリーダー」「愛玩動物飼養管理士」 「動物看護師」などがあります。

がくぶんの動物系の通信講座。無料資料請求できます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

動物介護士(ペットケア)

ペット服を作る

ヒーリング&ストレス解消講座

Copyright (C) 2007 動物の資格と仕事ガイド. All Rights Reserved.