アニマルセラピー・コーディネーターとは

動物とふれあうことで、人の心が癒されたり心身の健康に対して影響を与えたりなど、 動物介在療法を行なう人のことを、アニマルセラピーコーディネーターや アニマルセラピスト、動物介在福祉士といいます。 アニマルセラピーは、自閉症の子ども、入院患者、高齢者、身体障害者などに有効な治療法とされています。 動物にさわることにより、血圧が安定したり、コレステロール値が下がったりする効果も見られています。 アニマルセラピーにかかわる動物には、犬やネコ、イルカなどがおり、 動物が人と接するときに安全面に配慮するなど、しつけをきちんと行なうことも 大切です。

アニマルセラピー・コーディネーターになるには

動物介在療法を教えている専門学校などで、勉強して動物の知識、 高齢者や障害者の知識を身につけることが第一歩でしょう。 アニマルセラピー・コーディネーターは、職業として確立していませんので、 ボランティア活動からはじめてみるのも手です。 獣医師や精神保健福祉士などの有資格者や、動物関連の仕事についている人に とっても、アニマルセラピー・コーディネーターの知識は役立つでしょう。

アニマルセラピー・コーディネーターに向いている人

動物が好き、人と関わるのが好きという方が向いています。

アニマルセラピー・コーディネーターの資格データ

公的な資格はありませんが、団体によって任意の資格が設けられています。 スクールによっては、「動物看護師」「愛玩動物飼養管理士」などの資格取得を 目指すところがあります。

がくぶんの動物系の通信講座。無料資料請求できます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

動物介護士(ペットケア)

ペット服を作る

ヒーリング&ストレス解消講座

Copyright (C) 2007 動物の資格と仕事ガイド. All Rights Reserved.