家庭動物販売士

家庭動物販売士とは、命ある動物を販売するものとしての社会的役割を自覚し、職業倫理を向上させて 家庭の飼い主への正しいペットの飼い方や終生飼養の必要性など、動物愛護の精神を広めて、 動物の専門家として幅広い知識と技術を身につけるための資格です。 動物関連の仕事につきたい人は、取っていると役に立つでしょう。 一般で飼っている人も、えさの選び方や飼育方法などが学べます。

家庭動物販売士になるには

全国ペット小売業協会事務局内にある、家庭動物販売士認定委員会が行っている講習を受けたあと、 試験に合格することで、資格を得ることができます。

家庭動物販売士に向いている人

動物が好きで、責任感がある人が向いています。

家庭動物販売士の資格データ

分類 民間資格
合格率 約90%
受験資格 (1)飼養動物に関する学校や教育機関を卒業した者または卒業見込み者。
(2)ペットや動物関連の資格取得者。
(3)ペット動物販売店で働いている者または就職を希望している者。
試験内容 (1)動物取扱業者の職業倫理
・動物取扱業の社会的役割と責任
・動物の愛護のための法律知識
(2)動物販売に必要な基礎知識と技術
・生体に関する基礎知識
・接客の基本と説明の技術
・トラブル防止と発生時の対応に関する知識
(3)動物の展示方法と衛生管理
・展示施設の衛生管理
・命ある動物の適切な展示方法
(4)動物の健康管理
・人と動物の共通感染症に関する知識
・ペットフードと犬・猫関連用品の基礎知識
・犬と猫の病気に関する知識
(5)動物の適正な繁殖方法。 ・犬と猫の繁殖
・血統証明書の意義と見方
試験日 年1回以上。要お問い合わせ。
合格発表日 3月上旬、10月上旬。
試験地 要お問い合わせ。
受験料 講習受講料20,000円、認定試験受験料10,000円、
登録・更新料10,000円(有効期限2年間)。
お問い合わせ 全国ペット小売協会事務局 03-5347-0276

スポンサードリンク